最新式超音波装置のご紹介

はら外科胃腸科クリニックでは、東芝メディカル製超音波画像診断機器「Aplio 300 Platinum Series」を導入致しました。

ハイエンドな機器による病気の詳細な情報を得ることが、可能になりました。

肝硬度測定(シェアウェーブ):肝臓の固さが数値として表れます。B型・C型肝炎、アルコール性肝炎、非アルコール性肝炎など肝硬変のリスクがある患者さんに最適です。

頸動脈検査:頸動脈内の血流を調べたり、頸動脈の内中膜厚より動脈硬化のリスクを調べます。また、脳梗塞や動脈硬化の一因となる血管内プラークを調べます。

ドップラー:一般的なカラードップラー・パワードップラーに加えSMIという高感度のドップラーを搭載しております。腫瘍や組織の微細な血流評価が可能です。

                                                   500img01.jpg

肝硬度測定(シェアウェーブ)

 keidoumyaku.jpg

頸動脈

  tannnou.JPG

胆嚢

  jinzou.JPG

腎臓(血流表示)