院長紹介

院長:原 均

ごあいさつ

 

 私は約20年間、大学病院で肝臓・胆嚢・膵臓疾患を中心に診療を行っておりました。その経験を活かし、地域住民の皆様に貢献したいと思い、平成13日に、阪急西宮北口駅と直結しているアクタ西宮東館階のクリニックフロアで、はら外科胃腸科クリニックを開院させて頂きました。

 当院では「患者さんに優しく、的確な診断と、適切な治療」をコンセプトとし、主に内視鏡・腹部超音波・腹部CTを行っております。その中でも内視鏡検査、治療が中心となっております。上部・下部内視鏡共に苦痛の少ない検査を受けて頂きたいので鎮静剤を用いております。また、患者さんの希望に沿って上部・下部検査を同時に行える日もあります。

 さらに、当院では内科的疾患も診療しております。C型肝炎、脂肪肝、胆石症、慢性膵炎の治療を積極的に行い、週に回、管理栄養士による栄養指導を実施し、現代病とも言われる生活習慣病を少しでも改善して頂けるようサポートしております。

また、呼吸器に関しましては毎週火曜日、午前中に呼吸器専門の医師による呼吸器外来を行い、COPDの早期診断治療、最近増加している肺がんの早期発見に力を注いでおります。

 慢性疼痛に対しては薬物治療だけにこだわらず、柔道整復師・鍼灸師による運動機能の維持・退化の予防を目的とした理学療法を実施しており、高齢者に大変人気があります。

 

医療法人社団 はら外科胃腸科クリニック 理事長・院長 原 均 (はら ひとし)

 

院長略歴

昭和57年:大阪医科大学卒業後、大阪医科大学一般・消化器外科学教室に入局。
平成6年:学位取得
平成11年:講師
主に肝胆膵診療および後進の指導とともに医学生看護学生の教育にあたる。
この間、日本外科学会認定医・指導医、
日本消化器外科学会専門医・指導医、
日本大腸肛門病学会専門医・指導医、
日本内視鏡学会専門医・指導医、
消化器病学会認定医、
日本肝臓学会認定医を取得した。
また、近畿外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会の評議員を経験。

 

 

医師紹介

小倉 康晴

 

日本医学放射線学会放射線専門診断医

 

当院では、上部消化管内視鏡・呼吸器診察・レントゲン、CT読影を担当

 

 

生田 真一

 

医学博士
日本外科学会 指導医・専門医・認定医
日本消化器病学会 指導医・専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化器外科学会 指導医・専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
日本がん治療認定機構認定医
日本外科感染症学会 教育医・認定医・認定ICD

 

当院では、診察を担当

専門分野:肝臓・胆嚢・膵臓疾患

 

他2名

主に上部消化管内視鏡を担当。

 

勤務スタッフ(常勤・非常勤含む)

 

医師 5名
看護師(正看護師・准看護師) 8名
診療放射線技師 2名
柔道整復師 3名
管理栄養士 2名
リハビリ助手 2名
医療事務 7名